ノバルティスの主要な領域

各製薬会社には、得意な領域があります。オリジナルの主力製品を世界中で展開している製薬会社は、グローバル企業として知られています。スイスに本社を置いているというノバルティスも、会社の成長を支えている主要な医薬製品に関し、得意としている領域があるということです。ノバルティスでは循環器系・がん・呼吸器系・中枢神経系・免疫・肝臓などに関わる薬を展開しているといいます。多くの患者が自分の病気を治したいと考えているはずです。その思いを可能にするために、得意とする自社の領域を常に意識しながら、日本市場でも薬を待っている方と真剣に向き合っているのだそうです。そして製薬会社として求められていることを形にして、会社の発展に貢献するために、スタッフが一丸となって、さまざまな医療現場に薬を供給しているのでしょう。

多くのお客様に満足していただける魅力的な薬の開発を、世界中の開発機関で行っているのだそうです。グローバルテクノロジー企業として多くの国に支社があるというノバルティスは、世界各国に新薬を開発するための研究機関を設けているといいます。日本でもノバルティスの研究する施設があるとのことで、そこでは現在進行形で新薬の開発が行われています。大小さまざまなプロジェクトが進行しているという話です。ノバルティスで扱っている薬は日本でも需要があるとのことで、多くの患者が期待しているのではないのでしょうか。日本法人のスタッフが患者のために、現状に満足することなく、さまざまなプロジェクトを進めているそうです。

ノバルティスでは、日本の医療現場の意見を反映させながら、革新的な医薬品を1日でも早く病気で苦しんだり、つらい思いをしたりしている患者に対し、新しい医薬製品を届けることを使命にしているといいます。そのために現在、日本法人だけでも約30の開発プロジェクトを推進しているそうです。ノバルティスの薬を待っている人がいるからこそ、日本国内のニーズがどこにあるのかを明確にする必要があると考えているといいます。そして、製薬会社で働くスタッフが一丸となって、日本国内の市場に新しい薬を提供しているのだそうです。

さまざまなプロジェクトは、日本だけでなく世界中において同時進行で行われています。ノバルティスが薬を提供し、患者の病気を治すという使命を持って、開発に取り組んでいるそうです。製薬会社としてノバルティスの強みを活かしながら、得意な領域以外にもさまざまな分野に進出したいと考えているのでしょう。ノバルティスの製品の特長を保証するための、研究・開発を行っているようです。そして、求められている医療現場に対し、ノバルティスのさまざまな薬を迅速かつ的確に届けなければいけないと考えているのではないでしょうか。

[参考サイト]ノバルティスの年収や役職【所長、社長CEO】の年収や業種別【開発、MR】の年収給料|平均年収.jp