ノバルティスのミッション

グローバルな製薬会社として、スイスに本社があるというノバルティスは、ヘルスケアの領域において世界的なリーディングカンパニーとして知られているといいます。業界をリードしてきたというノバルティスは、日本でも多くの患者と向き合いながら、元気になってもらうため、そして笑顔になってもらうために薬を提供しているそうです。世界中の支社とのネットワークを駆使しながら、迅速に医薬品の提供に努めているという話です。ノバルティスは常に、世界中の人の健康と向き合ってきたと言えます。長い歴史の中で、イノベーションを大切にしながら、時代に求められている医薬品の提供ができるように力を入れているのでしょう。

病気で苦しんでいる人が、ノバルティスで提供されている薬を通じて元気になってもらうために、自分達が何をするべきかを十分に理解しているといいます。社員が患者のため、医療業界の発展のために働いているそうです。ノバルティスの日本法人でも、さまざまなプロジェクトが進行しているといいます。日本の医療業界で必要とされる新薬開発のために、世界中のネットワークや研究・開発力を十分に活かすことができる環境を整えているそうです。

ノバルティスのミッションは、明確になっています。それは、患者の病気を治すための薬を的確に提供することなのだそうです。ノバルティスのイノベーションを最大限に発揮しながら、日本の医療の課題や問題点、困難な状況と向き合いながら、打開策を見つけようと努力していることが伺えます。多くの患者に必ず病気が治ってほしいという思いがあるからこそ、ノバルティスは変わり続ける医療現場と真剣に向き合っているのでしょう。そして信頼されるリーダーになれるように、病院などの医療現場や、薬局やドラッグストアなど、さらに一般の人も利用する施設や店舗などに対しても、医薬品を提供しているといいます。ノバルティスで働く全てのスタッフが、価値観を共有しているといえるかもしれません

また、ノバルティスに求められているビジョンを明確にする必要があると考えているといいます。全ての患者の病気が治るように、そして日本の医療現場が発展するために、企業努力をしているのだそうです。ノバルティスは、常に時代の流れを先取りしながら、新しい試みにチャレンジしていくことが求められているといいます。そこから生まれるソリューションを提供しなければいけないと考えているのではないでしょうか。常に高いレベルで仕事ができるように、社員にはクオリティが求められるといいます。そして、製薬会社で働くことに誇りを持って、患者のために行動しているそうです。日本で求められている医療現場と向き合いながら、ここでしか供給できない薬を提供しているのでしょう。