ノバルティスの開発パイプライン

研究や開発に力を入れているというノバルティスは、日本法人でも多くの新規プロジェクトを進めています。全ての患者に対して、新しい医薬品を的確かつ迅速に提供できるように、開発ラインを整えているのだそうです。世界中で開発が行われているというノバルティスは、強固な開発パイプランを備えている特徴があるといえるでしょう。世界には数多くの製薬会社がありますが、その製薬業界で強力なパイプラインのひとつとして知られているそうです。新薬の開発に向け、自分達が何をするべきかを十分に理解しているのではないでしょうか。世界中に展開しているというノバルティスの開発プロジェクトは、日本単体のプロジェクトとして、同時進行で行われているものもあるそうです。

ノバルティスの充実した新薬のための開発パイプラインは、業界を見ている専門家のあいだでも常に高く評価されているとのことで、強みを十分に活かすことができているといえます。世界中で展開しているというノバルティスの現在の開発パイプラインには、多くの研究者が関わっているのだそうです。患者が求めている新しい薬を提供するための開発で、進行している約200のプロジェクトがあることで知られています。そこから市場に提供されても大丈夫と認証されたものは、それぞれの国の機関に承認されたあと、医療現場へと提供され、患者のもとに届くのだそうです。

ノバルティスには、強みとしている疾患領域があります。会社の成長を支える主要な領域といっても過言ではないでしょう。多くの医薬品を提供してきた疾患領域として、循環器系、代謝系、がん、呼吸器系、皮膚系、眼科の領域に力を入れてきたといいます。世界各国でこれらの疾患で苦しんでいる患者に対し、ノバルティスが開発した医薬品を提供してきた実績があるそうです。ノバルティスでは今までの実績を大切にしながら、未だ治療法が確立されていない分野の医薬品を提供するため、積極的に開発・研究を続けていきたいと考えているといるのではないでしょうか。

環境が変わる中で、ニーズは異なってくるものです。患者にとっては、少しでも自分の病気を治療したいという思いがあります。医療現場には、製薬会社が果たさなければいけないニーズがあることを、ノバルティスでは十分に理解しているといいます。現状においても、効果的な医薬品を提供しているそうです。ノバルティスでしか取り組むことができないこともたくさんあるといいます。そこには新しい薬を待っている人がたくさんいるということを、十分に理解しているのだそうです。そこからノバルティスが、どのような新薬開発や研究に取り組んでいけばいいかということを、研究職のスタッフが考えて行動しているのでしょう。